高性能のワイヤレス防犯カメラ|コストを抑えて設置

メンズ

防犯対策はまず鍵から

家の外観

日本では重大犯罪は減少傾向にあるといわれていますが、その一方で空き巣による被害は拡大しているとされています。空き巣被害を防ぐには、鍵屋に防犯機能の高い鍵と交換してもらうのが効果的です。他人が簡単に合鍵を作れないようなタイプの鍵もあります。

詳しくはこちら

鍵の強化で防犯力アップ

複数の鍵

鍵は住居の基本です。防犯上からも鍵なしの住居など考えられません。その鍵も近年の防犯意識の高まりから様々なものが考案されています。住居のある地域によって犯罪率は様々ですが、やはり安心して住むためには、鍵屋さんに頼んで鍵の高度化を考える必要があります。

詳しくはこちら

無線の監視カメラを導入

セキュリティカメラ

距離が限られている

防犯カメラを取り付ける事によって自宅の防犯をする事ができます。中には一般家庭のために作られている安価なものもあるので購入してみるといいでしょう。購入する場合は有線タイプ以外に無線タイプのワイヤレスがあります。これはスマートフォンに映像を飛ばすことができるので、スマートフォン上から自宅の映像を閲覧可能です。かなり便利なワイヤレスの防犯カメラですが、購入前に注意する事があります。基本的に日本では無線法という法律制限が用意されているのです。これにより2.4ギガヘルツ帯の場合は高画質な映像を飛ばせません。どうしてもカクカクの映像になってしまい、電波到達距離にも制限があるのです。そのため気軽な防犯として導入しましょう。

無線のメリットもある

電波到達距離に制限のあるワイヤレス防犯カメラですが、メリットもあります。それは優先で録画装置やルーターに接続する必要がないということです。これは配線の問題なども出てくるので工事をしないといけない場合もあります。そうなってくるとかなり費用がかかってしまうので、気軽に導入するのは結構難しくなるのです。しかしワイヤレス防犯カメラの場合はその必要がありません。低コストで導入できるという部分がかなり大きいといえるでしょう。また有線の場合は設置できる環境が限れている場合もあります。配線のルートを確保できないと設置できないのですが、ワイヤレスなら設置の難しい場所にもフレキシブルに対応する事が可能となっているのです。

家庭でできる防犯対策

警備員

空き巣犯罪の中でもピッキングによる被害が増加しています。古いタイプの鍵は防犯性が低く、鍵交換が必要な住宅も多いのが現状です。鍵交換はしっかりと手順を踏めば、自分自身でも交換することが可能ですが、鍵屋さんや工事業者に依頼することで防犯性の高い鍵に交換するとより安全です。

詳しくはこちら

Copyright© 2016 高性能のワイヤレス防犯カメラ|コストを抑えて設置 All Rights Reserved.